ママライフと魔女ライフ

Episode 6

Play episode

はいよ!こんにちは、いじっちゃんです!

マジカルチューニングお楽しみ回です。

エピソード5では、ルミさんの魔女のポケモンライフに始まり、妊娠初期あるある、日常で実践できる魔法まで取り上げていきますよー!

妊娠初期あるあるに関しては、男女問わず妊娠未経験の方にとっては、非常に興味深いトピックなのではないかと思います。

私も妊娠に関してたまに噂で聞くものの、なかなか異世界のできごとのようでフーンでした。しかし、じっくりお話伺うと奥が深い世界であります。

自分の好き映画ベスト10に入るキューブリックの『2001年宇宙の旅』は妊娠期の臨場感でぜひとも観なおしたい!

それでは、用語行きます!

まず赤ちゃんの喃語(赤ちゃんの発する音、ムニャニャなど)のお話の際に出てきた

●ケイオスマジック Chaos

●シジル、またはシギル Sigil

こちらに関しては、もうご自身でお調べください!(どひゃー)

きっとここまで「何か知りたい!もっともっと!」という方は、そちらの道に才能がある気がいたします!

何かを自分で調べる時のアドレナリンを、私は邪魔いたしませんよ!(と言って逃げる)

また、ウィッカの暦はケルトの暦をもとにしていたとのことでしたが、私たちが八節として親しんでいる暦と同じというのも面白かったですね。

また、エピソード後半でお話されていた「魔女になって良かった2つのこと」は良い言葉たちでしたね。改めて書き出してみました!

①魔女という言葉で出会うと、自分と似た感覚や疑問を持った人たちと出会うことができる。魔女はタグみたいだ。

確かに趣味友とかでもあるなあ。映画をきっかけにして出会った大切なお友達とか、、、

②魔法とは心を変える術ということ。自分で自分の心に統制をとる手段を持つことができる。それは悲しさに一気に向きあうのでなく、1回自分を落ち着かせるような。

せかせかイライラした時ほど、鼻歌うたってのんびり構えたいと仕事中の自分を省みる。

また、マジカルチューニングを聴くなかで魔女や魔法に興味を持った人たちが、普段の暮らしの中ですぐに取り入れることができる魔女っぽいこととして、キャンドルを灯すことを挙げていただきましたが、この際の言葉もしみじみ良かったですねえ。

自分が扱いきれないエネルギーを

これは怖いものだと思って使うこと

こちらに関しても日本人としては本当に色々なことを思い出さざるを得ないんですけれども、なにも自然に限ったことばかりではないですよね。他者の心だったり、もちろん自分の心だったり。

おじいさんとの死別の際のルミさんではないですけれども、人間生きていれば本当に様々な事に見舞われるわけで。

そういった時に、絶望して為すすべがないのだろうか?と頭を抱えます。

しかし「今はとりあえず大きな感情が去るのを待ってみよう」という、どっしり構えた心持ちって、あるのとないのとでは全然違うなあと思うことでした。

とはいえ、火をつけたらきちんと消しましょうね!

火の用心!キャンドル1分火事のもと!火の後始末にはお気を付けて!

なんだかちょっぴりしんみりな最後ですが、皆さんお次はいよいよ銀孔雀特集ブログです!刮目してちょ!いじっちゃんでした。

Join the discussion

Episode 6